当たり前になったこと

これは決して担降りブログでもなければ、何かを誰かに伝えたいわけでもありません。私の気持ちを今文字にしたいと思っただけです。

 

去年の10月から1年で、私の中で大きく変化したことがあります。

それは私の中の「当たり前」に美勇人くんが増えたことです。美勇人くんの動画、画像、ステージを見ることが、気づいたら「当たり前」になってました。

 

いつも友人と私はいつから美勇人くんを好きになったんだろうか〜なんて話をするけども、何で好きになったのかがどうしても思い出せないでいました。それは今でも思い出せないけど、去年10月のQLAP!に、阿部顕嵐くんと2人でジュニアの連載に登場した回のを買った時に初めて美勇人くんのために雑誌を買ったなということだけ覚えてます。好きになったのはもう少し前かもしれないけど、始まりはそこかもしれないって今思います。雑誌1冊買うことに対して、すごい決断をした記憶があるからです。

これが1つ目の決断なら、2つ目の決断は今年の1月のタッキー&翼の横アリのコンサートへ行ったことになります。このコンサートへ行ったことが、今年の夏を決めたのじゃないかなと思ってます。このコンサートで初めてステージに立つ美勇人くんを生で見ました。トラジャコーナー、横アリのセンターステージでみゅーと!コールを受けてピンスポットで踊る美勇人くんに感動しました。優しい方にチケットを譲っていただけて、1人だったのにたまたま隣になった人と仲良くなって、楽しく美勇人くんを見届けられました。「あー。この人のことまた見たいな」って率直に思いました。そしたら、次の週に少クラの観覧が当たりました(笑)もう怒涛でした。びっくりしました。その少クラで美勇人くんのゲームコーナー初登場なんて、見ちゃうものだから2階席から双眼鏡外すことできませんでした。

 

そこから7月のサマステまで時間が空きます。その期間は、就職活動とKAT-TUNの充電期間前のライブがありました。その頃の気持ちは表現するのが難しいので割愛します。ただ少しの間のんびりと自分の気持ちを考える時間を作ったかなと曖昧ながら思ってます。

 

そこから7月に入り、優しい人に同行させてもらって少クラに美勇人くんを見に行きました。Love-tuneとしても、Travis Japanとしても、ステージ立つ美勇人くんを初めて見た日です。すごくかっこよくて、記憶が飛んじゃうくらいにドキドキしました。その2週間後サマステの海人、Snow Man、Love-tune公演を見に行きました。そこから7.8.9.10月と毎月美勇人くんのステージを見られるような日々が始まります。ジャニーズJr.で1番忙しい、社畜なんて言葉まで使われる美勇人くん。それでも私が見る美勇人くんは、いつでもステージに中途半端な気持ちで立ってるようには見えませんでした。「忙しいうちが華なので」と言った彼の言葉を思い出し、それができるだけの言えるだけの人を好きになったんだと思って少し誇らしくも思いました。

 

「当たり前」って言葉は軽く感じるけども、いつの間にか私の日常の一部になった美勇人くんは私にとって「当たり前」になったんだと思いました。10月31日で21歳になった美勇人くん。私は19歳の途中からちゃんと見るようになって、20歳を祝い、20歳の美勇人くんをしっかりと見届けることができたと思ってます。21歳の美勇人くんはどんな姿を見せてくれるのか楽しみでいます。きっと、また、ドキドキさせてくれる景色を見させてくれる。そして、私はその景色を「当たり前」に見ることを選択したい。

 

ここで「当たり前」っていうのは、ライブや舞台に行くことが当たり前って意味ではありません。私が何か美勇人くんに関わる何かをする上で、行きたいや見たいって気持ちが「当たり前」ということです。

10Ksを終えて今思うこと

11月24日私は浮かれていた。学校の友達に「ベストアーティスト見に行ってくるんだ!」って、言いふらし学校を去るくらいに浮かれていた。あんな辛い番協になるなんて思ってもなかったからネ!!!!!!!ハハハハハ!!!!!笑うとこーーーー!!!!(高丸社長)

んま、正直な話でベスアの記憶はありません。田口くんの発表もその後の亀のコメントもロバ丸の表情も、全部会場で見た記憶がないです。メインステージから多少離れた位置ではあったけど、確かに見ていたのになんか赤い服を着ていたなくらいの記憶しかないです。私自身ボロボロ泣くこともできなくて、茫然としていた感じに近いかな、、、隣の友達と支えながら立っていたのは覚えています。やっとCMで座れるって時に私は、クォーターのリングライトを落として割りました。ここで、笑いながら泣きながらキレました(笑)ちなみにリングライトは割れても光ります。友達と私の家に帰ってきて、ちゃんとあの場面を見ようと録画を見てやっと亀の手が震えていることだったりを知りました。やっと現実として起きたことなんだと実感しました。

そこから1週間かつん担の友達に毎日会ったり、ハガキを書いたりしてたら少プレの番協に当たりました。びっくり。でもこの番協が控えめに言っても最高だったので、番協トラウマは多少払拭されたかなって今思ってます。

それから私は人生初の東京ドームでやってるジャニーズのカウントダウンライブで、年越しをしました。これが生で見た最後の4人のKAT-TUNです。

 

 そこからジェットコースターのような日々が過ぎ、10Ks!!!

元々名古屋と東京3daysの予定だったけど、感謝祭の上田くんのマラソン見て大阪に行きたくなって急遽行きました。だから、上田くんのマラソンはこんな端くれの亀担にも響いてたよ~走ってくれてありがとう!と心から感謝してます。人生初の全ステ…怒涛の一カ月でした。

 

私東京ドームでも泣かないかな…なんて思っていたのに、かめのKAT-TUNを好きな自分でいたい。KAT-TUNを好きでいたい。(ニュアンス)という発言に涙が堪えられませんでした。自分自身もある時期、KAT-TUNを好きでいたいともがいていた時期がありました。船は降りてないけど、ちょっと小さい船に乗って他の船に挨拶回りしてたぐらいのことはしてました。(伝われ)そんなことを今では笑い話だななんて思っていたとき、かめの発言でした。かめとファンでは、この発言の重さが全く違うことも分かってます。でも、かめにもそんな時期があったのかと自分と重ねたっていうと変だけど…なんていうか…すごく胸にくるものがありました。うまく言えないけど、そんなことの先に今KAT-TUNが好きだと言えるかめをしっかりと見れてよかったです。

あとかめが6人の名前を言ったとき、過去を愛してしまう自分が許された感覚になりました。ごく出の永遠の新規なんです私。6人は青春だったというか、もう大切な宝箱みたいな。開けたらキラキラ輝く宝物たちみたいな感じなんです。そんな6人をなかったことにも、好きをやめることもできないんです。6人がいたから今がある、6人がいなかったら今にはならない、ずっと分かっていたことなのにしっかりと言葉にしてくれたことが語彙力無さ過ぎて言葉でないけど嬉しかったです。東京ドームに見に来ていたファンにではない、見に来れなかったファンにでもない、ただKAT-TUNというものを背負ったことがある者たちへ向けられたかめの「ありがとう」という言葉をどこかで受け取っていてくれたらいいなと思わずにいられませんでした。

 

KAT-TUNのパフォーマンス、演出、かめのアイドルというものを曲げないところ、上田くんのまっすぐな言葉と目、中丸くんのファンを楽しませる能力、抱き合って泣くシンメ、もうもうたくさんのことが私を純粋にKAT-TUNを好きな自分でよかったと思えたそんなコンサートでした。

次に船が動きだすのはいつかな?もしかしたら、今も個人の力で少しずつ動いているのかな?

とりあえず私が今言えるのは、

KAT-TUNをもう1度見るまで死ねない!!!!

今年のサマパラが決まったので、去年のサマパラ橋本ソロ感想を落とす

今年も決まりました!!!サマパラ!!!橋本良亮ソロコンサート!!!!イエーーーイ!!ってことで、去年の感想が残ってたので落とします。

 

行きました!橋本良亮ソロコンサート Ha"ss"hy Concert 8/24 2部 いわゆる、オーラスですね。1人でコンサートに行くのは初めてだったし、ひたすらドキドキしてて不安でソワソワしながら開演を待ってたのを今でもはっきり覚えてます。 23日の公演終わってセトリが流れてきて、仙台で赤西くんを見る前だったにも関わらず私の気持ちをグワッと揺れ動かすような曲が並んでました。見たら泣く、直感で思いました。その涙がはっしーへなのか、曲へなのか、自分へなのか知らんけど。

 

やっぱり自分が激しく反応を表したのはセトリを見たときと同じところでした。

1.「少年たち」

そう、JJです。少クラを見始めたくらいだった頃歌ってたなって、幼いながらに橋高が好きでした。昔からぶれない。まさか歌うなんて思わないじゃないですか?じゃんぷがデビューをして、JJは自動的に解散。なかなかの衝撃でした。そして、その衝撃を直でくらったのは橋本良亮本人だとも思います。あの瞬間自分は呼ばれると思った、絶対的な自信、それなのに呼ばれなかった、でもライブは続く。はっしー踊れなくなってたそんなレポをあの日1つ見てそっとパソコンを閉じました。っていう違う話をするぐらいにJJって、今まで触れられる機会が私になかったんです。あの時から。だから楽しそうに歌うはっしーも後ろに流れる当時の可愛いはっしーの写真にも、なんだか胸を打たれた。でも、泣く曲じゃないですし3.2.1goを全力でやろうと前日決めてたので楽しみました。楽しかったです。

 

2「限界メーター」

さなのんシンメに橋本センターのTOP3が大好きでしたね。あぁ〜はっしーはここで落ちくんだなって当時思ったりしたりしなかったり…私曲や衣装のお下がり平気なタイプなんですけど限界メーターだけは他のジュニアが歌うの嫌でしたね。どんな思い出が!?ってなるけど、特にありません。ただ好きだっただけです。TOP3が。 その歌を生でやっと観れる、あの日のTOP3ではないけれど嬉しかったです。しかも、前日はJJの話をしていて今日も話すのかな?って思ったら、さなのんの話をしてくれて私はなんとも言えない気持ちでジンワリなりました。

 

3「Natural Thang」

知らない方はすぐに橋本良亮 Natural Thangで検索かけてみてください。老け顔とかの問題じゃなくて、14歳に見えません。あれは色気です。少クラ2007年、14歳の橋本良亮が歌ったこの曲に私はこの人を知りたいと思いました。あの日あの瞬間がハッキリと橋本良亮を好きになった瞬間だと言えます。知ってるジュニアの子から変わった瞬間です。亀梨和也が自担であり、私は永遠の新規ごく出です。歌ってるのを見て好きになった人ではないので、あの時の歌を今歌ってくれるという感覚が初めてでした。いや、もう、なんか、直視してたら泣いてしまうけど1回しか入れないこの公演で確実に目に焼き付けなければと直視した結果泣きました。1人だったので、この涙を分かち合うこともなく静かにはっしーの団扇を抱きしめて泣きました。確実にキモかったですごめんなさい横の人。あの頃より歌声も大人だったし、ダンスも五関くん振りつけのものになっていたから再現というわけではなかったければ「Natural Thang」を歌う橋本良亮にまた出会えた。そのことが私にとって大きかったように思います。

 

はぁ、またソロコンやってほしいな。

って去年の私が言ってます!!よかったね去年の私!!今年も赤西くんのライブにかぶせて、はっしーがソロコンやってくれるよ〜!!!

今年はどんなセトリで、どんな歌で、どんなダンスを見せてくれるんだろう。去年のような感情を揺さぶられるものはあるかな??夏が楽しみだ。